FC2ブログ
プロフィール

吉阪 一平

Author:吉阪 一平
「ズーさんのひとり言」へようこそお越し下さいました!

ズーデザインハウスHP http://www.zu-design.com/

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夢を叶える家作り

先日、子供達に家作りの基本を教えました。「柱があり、その上に梁、小屋束、母屋、屋根が続くんやで!」と伝えると、後は自分達で色々考え作りました。
子供が作る家には、煙突があります。サンタクロースに来てもらう為なのか‥‥夢があるのでしょう

今日は、大人の家作り。
夢を忘れないよう、住む事、家に帰るのが楽しくなるような家作りにはげみます。
スポンサーサイト

排水不良にご注意

1年程前にテナントビルの1階を借り物販店をオープンされました。
10ヶ月ほどしてから、水が流れなくなりました。順番に調べると、もともとから通っている床下の配管の、流れる角度が途中で逆になっていたのが原因でした。
ビルのオーナーの話では、数年前雨水を違う経路に変えましたとの事。
今までは、配管の中に汚物が詰まりかけても、大雨の日大量の水で配管を掃除できていたから詰まらなかったと、思います。
住宅の場合、風呂や洗濯で多くの水を流すから、多少勾配が取れてなくても配管が詰まることはありませんが、店舗のように、ほとんどトイレしか使わない場合、注意が必要です。(定期的に多くの水を流すなど。)
住宅でも、配管経路にトイレしかない場合同じように注意が必要です。
最近の配管は、塩ビ管なので問題は少ないですが、地盤が沈下している所も多いので注意が必要です。

この写真は、点検の為開けた穴の補修工事、原因判明ですが配管は今から変えれないのでこのままです。
清掃して流れますが、今後様子を見ながら使わざるを得ない、というのが、ビル側の考えです(≧∇≦)

LDK造作家具 和室造作部材

キッチンとダイニングの間、奥様にとって一番良く使う場所ではないでしょうか?
家族にとっても大切な場所、夫婦で会話しやすいく、親子で共同作業出来る空間にする必要があるでしょう。
また、最近はほとんどの来客をリビングに招かれます。
家の中心、家の顔と言っても良いでしょう。
そんな重要な場所、既製品のキッチン&カウンターではなく、自分達らしい空間にしたいと希望される方が多くなってきました。
いろんな、希望をミックスすると、複雑な形のカウンター家具を組み合わせて作る事になります。

15点程の別注家具を作り組み合わせ、ピッタリ合うと一安心。
上下左右奥行きなど3Dになり、おまけにアールが混じるとややこしく、頭から湯気が出そう(^人^)
上記工事途中の写真ですが、参考にしてください。

和室にも、ちょっと工夫がほしいと、思われる方が多いです。
でも、高い木材を利用して、大工さんの手前工事代金が高いと言うのはちょっと嫌だ!と言う人も多いです。
出窓のカウンターに無垢のカウンター材を使いました。20年以上前から材木倉庫に寝かしてあった(放置されてた)木を見つけ出し、表面を大型製材機でカット、平にして仕上げて行きました。
京都市北西部弊社の周りには、材木、製材所がいっぱいありますので、探せば掘り出し物が格安で利用できます。

それを探し使うのが、私の趣味みたいなところもあります。
図面にも、見積にも出て来ないズーデザイン社長からの贈り物です。

玄関には吹抜けがお勧め!?

玄関ドアを開けると7mの吹き抜け
来客は、皆わぁ~と口を開け、見上げられるはずです。
私の家を作るとき、棟上げが終わり玄関部分に立つと大屋根まで見上げ「なんと、屋根まで吹き抜けやったらすごいやろな」と言い出した大工がいました。その一言にピントきました。
「ここは、最大限の吹き抜けにしよう!」と決定しました。
工事は難しい部分が多かったですが、出来上がりは最高。来客は、皆わぁ~と口を開け見上げて下さいます。

今回も吹き抜けを採用、でも問題は、高い場所での作業が困難。室内足場を組んだりバラしたりと‥‥


今は苦労も多いですが、必ず皆さんが「わぁ~」と喜んで下さると信じ頑張ります。

石貼り工事

外壁に石を貼る工程です。
構造体の下地は、タイル用のサイディング材です。その上にINAXが販売している、ワンパックボーイと言う強力接着剤で貼り付けていきます。

この後、石の間に目地セメントを入れ完成となります。
天然石は、色合いにそれぞれ違いも有り、良く見えます。本当にオススメです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。